マイナーでも実力のある地方銀行たち

三重の旧国立銀行・百五銀行

百五銀行について

百五銀行は、古くから三重で営業を行ってきた銀行です。百五銀行は、廃藩置県後、資産運用や資産の預け先を必要としていた津藩の武士により、明治11年に第百五国立銀行として設立されました。この地元の武士によってつくられた銀行は、三重県民や地元企業において長く親しまれ、三重では歴史ある地方銀行として人気があります。歴史ある百五銀行では、いまでもなつかしい雰囲気を残す店舗が見られます。

百五銀行は、明治30年に普通銀行となり、戦後には東京証券取引所の第1部、名古屋証券取引所の第1部に上昇するなど、三重では規模が大きな銀行に成長しました。現在では利用者も多くなり、安心して利用できる銀行として人気があります。

百五銀行は、現在、に本店、伊勢、桑名、志摩、鈴鹿、松阪、四日市といった主要都市に支店を置いています。また、百五銀行は、隣接県の愛知にも店舗があることから、三重県を中心として多くの支店をもち、広く地域で役立つ金融機関となっています。

銀行取引においては、中京圏の金融機関として早くからインターネットバンキングサービスを導入してきた銀行として知られています。平成13年からはインターネット、モバイルによる口座取引を可能としたことから利便性が向上しています。

百五銀行では、他にもATMの利用においてサービスの向上が見られるなど、業務の拡充に力を入れる銀行として三重では利用者が増えています。さらに、百五銀行は、昭和50年にオンラインシステムを完成させていますが、平成19年には新しいシステムのBankVisionを導入することによって業務を効率化しています。

このように、百五銀行は三重県の地方銀行として、地域経済を支える銀行となっています。

都市銀行と親密な鳥取銀行

鳥取銀行の使い方 | 鳥取銀行の特性 | 鳥取銀行のメリットとデメリット

鳥取銀行について | 優位に立つ鳥取銀行 | 鳥取銀行の展開

三重の旧国立銀行・百五銀行

百五銀行について | 百五銀行の特徴 | 百五銀行の長所と短所

百五銀行の活用 | 三重県と百五銀行 | 百五銀行の展開

子供向けサービスがある足利銀行

足利銀行の子育てと教育のための専用預金 | 足利銀行のキャッシュカードとデビット機能 | 足利銀行のポイントサービスの内容と特典

足利銀行の空き家対策ローンサービス | 足利銀行の投資とジュニアNISA口座

Copyright © マイナーでも実力のある地方銀行たち All rights reserved.