マイナーでも実力のある地方銀行たち

都市銀行と親密な鳥取銀行

鳥取銀行の使い方

鳥取銀行は、鳥取では使いやすい銀行であることから、地域社会に貢献する地方銀行として人気があります。また、鳥取銀行は、現在の株式会社三菱東京UFJ銀行となる前の三和銀行と親密な銀行であり、今でも地方の銀行としてサービスの充実に役立っています。そのことから、鳥取では活用しやすい銀行といってよいでしょう。

鳥取銀行は、貸出金残高が6,432億4,500万円、預金残高は8,661億1,800万円、発行済株式総数については、9,619万9,000株と東証一部上場企業として経営状態は非常によくなっています。証券としては投資効果が期待できる銀行とされ、資産形成として活用できる銀行なのです。

また、鳥取銀行は、預金においても効果が期待できる銀行です。現在の年利は金利の高い定期預金のスーパー定期で、1年までのものであるなら0.025%、5年ものなら0.030%となっています。さらに1,000万円以上の大口定期預金になると、5年もので0.060%と高めに金利が期待できるようになっています。アメリカドルで行う外貨預金では、金利がさらに高くなります。定期預金では1ヶ月なら0.100%、1年ものなら0.150%となっています。これ以上を望むのなら、やはりネットバンクの高金利な預金でしょう。

さらに、ローンでは、カードローン、銀行カードローン、おまとめローンなどにおいても銀行ならではの低金利で利用できることが人気となっています。たとえば、鳥取銀行のカードローンでは、審査によって、金利が年4.0%、6.0%、8.0%、11.0%、14.5%となっています。また、おまとめローンは、年12.00%の固定金利、10万円から500万円以内の借り入れが利用できます。これは、複数の高い金利で借りているローンを整理するには最適です。

使い道が自由なフリーローンでも年4.0%、年6.0%、年9.0%、年14.5%と固定金利となっていますが、比較的に低い金利で利用できることが特徴です。このように鳥取銀行は、日本の普通銀行の中では金利面において利用しやすいことから、全国でも注目される銀行の一つとなっているのです。

都市銀行と親密な鳥取銀行

鳥取銀行の使い方 | 鳥取銀行の特性 | 鳥取銀行のメリットとデメリット

鳥取銀行について | 優位に立つ鳥取銀行 | 鳥取銀行の展開

三重の旧国立銀行・百五銀行

百五銀行について | 百五銀行の特徴 | 百五銀行の長所と短所

百五銀行の活用 | 三重県と百五銀行 | 百五銀行の展開

Copyright © マイナーでも実力のある地方銀行たち All rights reserved.